2009/03/15

らーめん風土記・天王寺MIO店 豚骨つけ麺、餃子

つけ汁○麺◎具材○ 総合 9

今日は、我々夫婦、長野県から帰ってきた妹様、私の父の4人でお寺参りです。
まぁ帰りにラーメンでもと言う事で、天王寺MIOにある「らーめん風土記」さんへ。
ここは熊五郎グループのお店だそうで、麺に期待が持てそうですね。

4人とも「豚骨つけ麺」で、私と嫁様は大盛(240g)、後二人は並盛(160g)
サイドメニューの餃子を、やはり血が繋がっていると、好みも似る様ですね。

つけ汁は、豚骨魚介の焦がし醤油。ライトというよりバンタムくらいの軽さです。
少し甘めで、アッサリして女性好みかな。そのままでも違和感無く飲めますね。


このグループの麺は、ホント喉越しが良いですね。半透明でプリプリと旨いです。
中太くらいの太さで、つけ汁とマッチしていたと思います。


具材は、つけ汁中にネギ、麺上に、ほうれん草、メンマ、煮卵、巻きバラ叉焼。
キムチ取り放題は嬉しいですね。餃子(写真は2人前)も美味しかったですよ。


10Fのレストラン街にあり、お隣が「甘党まえだ」です。ステーションビルにあった
「まえだ」には、ちょっとした思い出が、あるんですよ。

もう30年以上前の、私が小学6年の頃、1年生の妹様を連れて、真田山プールに
夏休水泳教室に通ってたんです。帰りの「まえだ」のソフトクリームが楽しみで・・・

ある日、妹様が「クリーム善哉」を食べたいと言い出して・・ソフト代と電車賃しか
持って無かった私は、妹だけを電車に乗せて、平野まで歩いて帰りました。

当時の、南海平野線(チンチン電車)の線路沿いを、真夏の昼間に5~6km・・
途中の桃ヶ池公園の生ぬるい、水道の水がとても美味しかった記憶があります。
我が幼少の頃の 風土記でした。 m(_ _)m

住所  大阪市天王寺区悲田院町10-39  TEL  06-6779-9056   
営業時間 AM11:00 ~ 22:00  定休日 無休

最後までご覧頂き有難う御座います。ブログランキングに参加中です。
  ↓↓ よろしければ、クリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

8 件のコメント:

とよつね さんのコメント...

とてもいいお話ですね...
南海平野線、桃が池公園・・・
僕も懐かしい記憶がよみがえってきます♪

kazuho さんのコメント...

う~ん今日も〆がうまい!
ご家族で楽しい夜を過ごしてね。

天満の赤影 さんのコメント...

 ほんまに ええ話しや~!
その頃の日本の風土が目に浮かびます!!

ハシダ・メン さんのコメント...

tanichanも、昔はやさしかったんですね♪

tanichan さんのコメント...

>とよつね さん
やっぱり同世代。同じ景色の中で育ったんでつね!!

tanichan さんのコメント...

>カッポ
夜のお仕事終了です。おやすみなっすゎ~~い

tanichan さんのコメント...

>天満の赤影 さん
ハイ。昭和50年代の話ですわ!

チンチン電車まだありましたよね~。

tanichan さんのコメント...

>ハシダ・メン さん
昔から!!妹には優しかったんですよ。
妹と言えば、ミナミでお会いして 「いっ!いっ! 妹ですっ」って
紹介して頂いた、あのエキゾチックな女性はお元気ですか?